muiボードから「二十四節気の詩」をお届けします

8 Oct 2021

二十四節気は平安時代から使われている暦。
muiが定期的にお届けする二十四節気の詩は、北の四季折々の風景を詠んだ詩人の三角みづ紀さんの心の風景が見えてきます。あなたの季節への感性はどのような音に聞こえますか?
 

 

 

 皆さんが日頃からお使いのカレンダーは太陽暦のグレゴリオ暦に基づいています。日本では、明治時代にこのカレンダーに置き換わる前までは天体運動の周期性に基づいた太陰太陽暦の暦が中心でした。
「二十四節気」は古代中国で考案されたもので、これを暦に取り入れることで季節を知る指標として農耕などの周期に生かしていました。1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれを6つに分けたもので、「節または節気」と「気」が交互にあります。よく使われるものでは立秋・秋分・冬至など、天候や生き物の様子を表す名前がつけられ、今でも年中行事や時候の挨拶など様々なシーンで使われおり、文化継承や固有の地域性を保持するための貴重、且つ稀有な習慣となっています。

「mui」は自然と人をつなげる媒介を目指し、季節を感じられる二十四節気の詩を詩人の三角みづ紀さんに書き下ろしていただきました。
季節が変わる度に「mui」ボードに新しい詩が届けられます。
早速、10月8日の『寒露(かんろ)』よりスタートします。
三角さんの詩に啓発されて、あなたが感じる季節の感覚を詠んでインスタグラムに投稿いただけたら嬉しいです ♪

※インスタグラム投稿の際は以下のハッシュタグをご利用いただければ他の方の投稿案も見られます。
#mui24sekki
mui’s instagram

 

記事詳細はこちらから