mui プラットフォーム

8 Nov 2021 | Event

mui プラットフォーム

 

 

 

mui プラットフォームとは

 

「mui プラットフォーム」は、あらゆるIoTデバイスやシステムを“穏やか”なものにし、生活空間において柔らかで温かいデジタル情報体験を提供するプラットフォームです。現代のデバイスは、情報過多の代名詞となっており、ユーザーはスマートスクリーンの前に縮こまることを余儀なくされています。私たちは、mui Lab独自の技術と設計手法により、ディスプレイ、スピーカー、クラウドシステムなど様々なデジタルプロダクトを心地良く快適に使える製品に変えます。そこには、muiの世界観を実現するための独自のIoTクラウドシステムと、従来のタッチパネルに代わる IP特許を保有する天然木のタッチディスプレイインターフェースが含まれます。部品にはCPU、メモリ、ディスプレイ、タッチセンサーを使い、従来のコンピューターと近い部品構成でありながら、人に全く異なる美的感覚と心地良い心理状態を与えます。そうしてユーザーはテクノロジー感を意識することなく必要な情報のみを無理なく受け取ることができるため、家族や大切な人との関係性を深めることに貢献します。私たちは、木などの自然素材を活用することで、人の心に自然と受け入れられ、且つ家庭の生活空間に自然に溶け込むデザインを通じて人々がこれまで以上に人間らしく暮らせるような世界をテクノロジーによって実現します。

 

エンジニアリングの特性

 

muiプラットフォームは、生活空間において穏やかなデジタル情報体験を提供するプラットフォームです。そこには、muiの世界観を実現するための独自のIoTクラウドシステムと、IPを保有する従来のタッチパネルに代わる天然木のインターフェースが含まれます。天然木できたタッチセンサー式のスマートディスプレイによって、テクノロジーが生活空間に穏やかに馴染みます。部品にはCPU、メモリ、ディスプレイ、タッチセンサーを使い、従来のコンピューターと同じ部品構成でありながら、自然素材のインターフェースが、人に全く異なる美的感覚と心地良い心理状態を与えます。生活空間に馴染み、テクノロジーを意識することなく情報を得られ、muiのフィルターを通じて必要な情報のみにアクセスすることができるので家族や大切な人との関係性を深めることに貢献します。

 

デザインの特性

 

mui labのデザインの特性は存在を消すことです。情報端末でありながら、テクノロジー感を消し、自然な形で家具や建材のように室内に溶け込みます。木でできたハードウェアによって、自然物に触れたくなるような人間の本能的な行動を促すため、デジタル情報に触れる体験が不自然(odd)になりません。さらなる特性は、デジタル情報を介して人と人を繋げることを目的に、情報と人との間に余白を設け、人の能動的な行動を促すUXデザインアプローチです。この無為自然なテクノロジーの佇まいを様々な電子機器、デジタルプロダクト、住宅などの生活空間へ広げ、「テクノロジーをmui化」していくプラットフォームを開発しています。

 

muiの革新性

 

mui Labは、デジタルライフとナチュラルな暮らしとの間で調和をもたらす立場やポジションに位置している点でテクノロジー業界でも稀有な存在です。 muiクラウド、ソフトウェア、ハードウェア端末を束ねるmuiプラットフォームは、生活空間において穏やかなデジタル情報体験を提供し、生活者と情報テクノロジーとの調和を築きます。新たにMatter(マター)に対応し、あらゆる機器と接続することでシームレスな生活体験を提供します。1) 自然素材を使ったインターフェースは環境との調和を実現し、五感を通じて人に心地良さを与えます。2) また、最低限の情報量によって人の能動的な行動を促し、家族同士や、カスタマーとサービス提供側とのより良い繋がりをもたらします。3) 人々のより豊かな暮らしを実現する理念を下にした独自のデザインと技術力を束ねたプラットフォームを通じて、あらゆるビジネスパートナーを経由しテクノロジーと人間と自然の調和のとれた状態をもたらすという点で、社会に大きなインパクトを与える取り組みとなることを期待しています。