講義 / 講演情報

28 Dec 2021 | Media

講義・講演情報のご紹介
 
【大学講義】
 
2021年)
 
■京都工芸繊維大学(12月)
起業家の意思決定について学ぶ学生へ向け、大木がmui Labの創業から現在に至るストーリーをお話ししました。
 
質疑応答より:
「志をいろんな人に伝えるために気をつけていることはなんですか?」
→「自分の売っているものを買わない」という人から、人はものを買いたくない。自分が勧めているものを信じられることが大切。(CEO 大木)
 
「起業してみたいという気持ちはあるけれどどう行動すればいいかわからない。自分のリサーチも足りていないと思う。焦る気持ちがある」
→現代は焦らせる空気があるけれど、焦らずに良いのでは?muiでも、他のスタートアップでもまず興味の近いところでインターンなどをして、働いてみるのもいいと思う(CEO 大木)
 
 
■近畿大学 OKonomi セミナー(10月)
起業に興味を持っている方のための講座「OKonomi セミナー」にて、『大手企業社員から起業への道 〜思想とデザインと技術力の三位一体〜』というテーマでmui Lab 大木が講演しました。
 
《概要》
京都の大手印刷会社の社員だった営業開発担当とデザイナーとエンジニアの3人があるアイデアを元に一念発起。大企業の社員から子会社化、そして独立に至るまでの道のりとは? mui Labが世界に評価される理由とは?社会に押し出すアイデアはどうやって生み出すの?−「テクノロジーが無為自然に佇む風景」を描いて歩き出した3人の葛藤や奮闘、何もないところから創造するものづくりの喜び、さらには自らの家族との日々の暮らしの中で生まれる発想からビジネスにつなげるプロセスなどについて語っていただきます。
 
▼アーカイブ動画をご覧いただけます。
 
 
■京都芸術大学 プロダクトデザイン科(10月)
元SONY・muiのアドバイザーでもある風間先生の授業で、mui Lab廣部がゲスト講師を担当しました。
前半はmuiボードの導入事例紹介、muiボードのアプリケーションの考え方を説明。
後半では、デザインプリンシパルを説明した後、学生の皆さんに「あなたの生活にmuiデザインの考え方を使って何かを作るとしたら」というお題について10分間で考えてもらうというアクティビティを行いました。
学生一人一人の発表に対して、廣部がmuiのデザイン視点からコメントしつつ、そのアイデアを高めていくようなディスカッション行いました。
学生からのコメントはmui Labとしても素晴らしい気づきを与えられるものがあり、双方にとって良い機会となりました。